遠距離ハラス(poke)や継続ダメージ(dot)主体のチャンプに合うキーストーンを実装して欲しい

手数でpokeするチャンプやdotダメージが主体のチャンプに対する明確なカウンターとして、パッチ9.14でフィズのパッシブとレオナのWが調整されました。 しかし現在の環境ではドランリングやダークシールのナーフでメイジ自体が全体的に厳しい環境にあります。特にCCの薄いpokeメイジ({{champion:115}} {{champion:30}} 等)とdotダメージ主体のチャンプ{{champion:27}} {{champion:90}}} 等は合うキーストーンが無い為に大きなフラストレーションを抱えています。現在彼らの主流キーストーンは「当たらないメテオ」「リザルトでシールド量0のエアリー」「サモリフで明確に弱い魂の収穫」「仕方なく魔道書」の様に、イマイチしっくり来るキーストーンが有りません。 キーストーンはチャンプの特性を際立たせて満足感を得る物です。キーストーンは全チャンプに合う物が必要で、キーストーン間で大きな強弱の差が無い方が良いと思っています。 そこで以下の様なバランス調整を発案します。 ①サモリフでの魂の収穫の強化 ②前シーズンにあったデスファイアタッチの様な、スキルヒットのみで発動するキーストーンの実装。(この場合CDが長く効果の体感しにくい追い火を削除)(ダメージ的にはCC有りのメテオ≧CC無しのデスファイアタッチ>エアリーくらいに) ③マナフローバンドの強化。これはキーストーンでは無いですが、多くのマナ持ちメイジがこのルーンを選択しないとまともに戦えないため、マナ持ちが良いチャンプと比べて実質1つルーンが少ない状況になっています。 パッと思いついたのはこれくらいですが、何かしら他にも良い調整方法はあると思います。どうか宜しくお願いします。{{champion:17}}
シェア
ベスト 新規
古い投稿から表示

まだ投稿がありません。下からコメントを入力してください。

通報:
攻撃的 スパム 迷惑行為 不適切なボード
キャンセル