チャレンジャー褒章対象アカウントの資格確認を行なっています。

2016年チャレンジャー褒賞 | League of Legends
私たちの狙いは、特定のキューの人口が少ないことによる不公平が起こらないようにし、チャレンジャー褒賞が示す「優れた実績」を、誰にとっても価値の感じられるものにすることです。地域によってこれらの数字の差はさらに大きくなります。たとえば韓国なら、数字だけで考えると、3v3ランク戦で褒賞を受け取れるのは最上位1チームの中のさらに1人のプレイヤーのみとなります。全世界のランクチーム戦プレイヤーに対して...
2016シーズンにチャレンジャーとなった皆さん、おめでとうございます! チャレンジャー褒章の贈呈プロセスについて、現時点での詳細を以下にお知らせします。[チャレンジャー褒章紹介記事](http://jp.leagueoflegends.com/ja/Challenger_Rewards2016)でお知らせしたように、褒賞の授与対象となるアカウントについて、ウィントレード(意図的な勝敗のやり取り)、Eloブースティング(Elo Boosting)、悪質行為、スクリプティング、その他の「サモナーの法典」に違反するような行為が行なわれていなかったかを確認しています。このプロセスには数週間がかかる予定です。なお、「ゲーム内褒章を受け取る資格のないプレイヤー」は、チャレンジャー褒章も受け取ることはできません。 **アカウントが褒章授与対象として不適格であると判断された場合、チャレンジャー褒章およびゲーム内褒章は、次点の有資格者および有資格チームに授与されます。** 確認作業は12月中に完了する予定です。確認作業の完了後、[対象者の認証済みメールアドレス](https://support.riotgames.com/hc/ja/articles/201751744-Email-Verification-FAQ)宛にお知らせが届きます。このメールには褒章の申請方法が記載されており、メールが届いてから約1ヶ月の間に各種の手続きをしていただくことになる予定です。ライアットからお送りするメールの準備が整い次第、またお知らせします。引き続きアップデートにご注目ください。
シェア
ベスト 新規
古い投稿から表示
通報:
攻撃的 スパム 迷惑行為 不適切なボード
キャンセル