暴言は敗北を招く、その科学的な裏付け

興味深い記事を見つけましたので、皆様に共有します。 筆者のクリスティーン・ポラス氏はアメリカの名門私立大学、ジョージタウン大学の教授だそうです。 http://jp.wsj.com/articles/SB12408226390103943756704582455700160087784 english: http://www.wsj.com/articles/civility-at-work-helps-everyone-get-ahead-1479917555 ポイントを抜き出すと 1:直接暴言を吐かれた人は、処理能力が61%、創造性が58%下がる。 2:自分に対してではないが、自分の所属しているグループに対して暴言を吐かれた人は、処理能力が33%、創造性が39%下がる。 3:他人が暴言を吐かれるのを目撃しただけの人でも、処理能力が25%、創造性が45%下がる。 ※処理能力は「アナグラムパズルの成績」、創造性は「ブレインストーミングで提案できたアイデアの数」を基準としています。 暴言を吐く人は敗北しやすい、というのはLoLでは常々言われていることですが、行動心理学的視点からはこういう背景があるようです。 面白いと思ったのは、「赤の他人が暴言を吐かれるのを目撃しただけでも能力が下がる」ということです。 そうであれば、味方同士で暴言を吐き合えば協力しづらくなり、敗北が近づくのは誰にでも想像がつきますが、たとえ仲間ではなく敵を煽る行為だったとしても、自分が暴言を吐くことによってチームメイトのパフォーマンスを引き下げてしまうということになります。 また、「暴言を目撃した人は非協力的になる」といったことも書かれていますので、チームワークの面でもデメリットがあることがわかります。 この研究結果を見る限り、スポーツマンシップは単なるきれいごとではなく、勝つための純粋な戦略でもある、と言えるのではないでしょうか。 スポーツマンシップの重要性を裏付ける面白いデータだと思い、投稿いたしました。
シェア
ベスト 新規
古い投稿から表示
通報:
攻撃的 スパム 迷惑行為 不適切なボード
キャンセル